メンズ帽子の種類はこんなにたくさんある

メンズ帽子の種類はこんなにたくさんある

男の人が被るメンズ帽子にはいろいろな種類があります。
ここで、そのメンズ帽子の種類について見ていきましょう。

 

まず、帽子全体につばが付いているハットです。
ハットだけでもかなりの種類があります。
一つは、パナマが発祥地のパナマハットです。
特徴としては、トキヤ草でしたてられており、手作業で編み上げています。
特に夏場に用いるのが最適なハットです。

 

また、統一された名称ではないのですが中折れ帽も代表的なハットでしょう。
帽子のサイドが折れているものや、頭が折れているものもあり、いろいろな種類があります。

 

帽子の前方部分につばが付いた帽子も紹介しておきましょう。
1つはベレー帽に似たキャスケットと言う帽子です。
日本でも良く被る人は見かけますよね。

 

キャスケットと違って帽子の頭部分が長いのがキャップです。
これも結構見かけるのではないでしょうか。

 

メンズ帽子と言っても本当にたくさんの種類があるのですね。
それぞれの特徴をよく知っておかないと自分に似合うのを選ぶのも難しいようです。