メンズ帽子の形が崩れてしまったときには…

メンズ帽子の形が崩れてしまったときには…

クローゼットに無造作にメンズ帽子を片付けておいたら、形が変形してしまったという経験はありませんか?
帽子は型崩れしないようにかけて保管しておくというのが一番正しい方法ですが、うっかり何かの下敷きになったまま時間が経ってしまっていたという経験をした方も多いことでしょう。
帽子の形が崩れてしまうと、そのままかぶることもできませんので、結局タンスの肥やしになってしまいます。

 

ちょっとしたクセがついてしまった、という程度の型崩れでしたら、蒸気を当てて手で直すという方法で元通りにすることができます。
ですが、長期間片付けてあったものや、蒸気を当てても直らないくらいにひどい変形の場合には、メンズ帽子専門店に行って直してもらいましょう。
専門店であれば、ある程度元通りの形に戻してくれるはずです。

 

自分で形を直そうとして、更に違う場所にクセがついてしまっては、元に戻すのも更に大変になってしまいます。
それよりは、自分では無理そうだと判断したらメンズ帽子専門店に持っていくというほうが賢明な判断だといえるでしょう。